保育士になるには大学選びが大切

保育士になるには資格の取得が必須となりますが、専門学校だけでなく大学に通う事でも保育士の資格が取得できます。

大学選びの疑問にお答え

どんな学科のある大学を選べばよいのか?

保育士養成課程のある大学を選ぶと、卒業と同時に保育士資格を取得することができます。

保育士以外の職業に就くこともできるのか?

保育士養成課程を卒業したからといって保育士になることは義務付けられておらず、一般企業に就職することは可能です。

大学ではどんな資格が取得できるのか?

保育士第一種免許だけでなく、幼稚園教諭と小学校教諭の免許が同時に取得できる大学もあります。

どのようにして大学を選べばよいのか?

卒業生や在校生の口コミを調べたり、それぞれの大学が行っているオープンキャンパスに参加する方法もあります。

大学で取得するメリットはあるのか?

大学では保育士第一種免許が取得できるため、短大・専門学校卒よりも初任給やキャリアの面でも優遇されます。

在学中に取得できる資格

園児と先生

四年制大学で幼児教育に学ぶ場合に、取得できる資格が増える場合があります。学校によって取得可能な資格の種類には違いがありますが、保育の専門学校に比べると条件が有利であることは否めません。短期大学か四年制か迷っている場合、金銭的な余裕がある場合には断然四年制大学をおすすめします。取得できる資格の種類は、保育士に加えて幼稚園教諭、また、小学校教諭の資格を取得できる四年生の大学もあります。さらに、大学で科目を履修することで、特別支援学校教諭の資格が得られるところもあります。在学中に取得できる資格というのは、四年制の学校と短大とでは大きく異なるので、進路を決める前に取得できる資格はどのような種類があるのかを調べておくことが好ましいです。学校の場合、実習や研修を経なくても履修だけで取得することができる資格があるので、できれば在学中に取ることができる資格をとっておくと進路先を決めるときに役に立つことがあります。

四大卒は給与面での優遇が期待できる

女性保育士

学費の面で問題がなければ、四大卒の資格が合ったほうが有利であると言われています。多少とはいえ、専門学校を卒業した人に比べると、給与面などで差が出てきます。待遇面の差は微々たるものですが、将来的に仕事をしていくことを考えると、より有利な条件で働くことができる方が良いに越したことはありません。また、保育士の資格を取得し、学校で学んだことをさらに研究したいという人は、四年制大学へ進学しておいたほうが、大学院などへの進路も考えることができます。近年、卒業後の進路は多様化しており、必ずしも保育士になるというわけではありません。保育士の資格を持ちながら研究職への就職を目指す場合には、大学院への道を選択することも考えられます。

広告募集中